羽アリがシロアリか見分け方のコツ!大きさの違いや幼虫を画像でチェックしよう!

シロアリ

スポンサーリンク

羽アリを見かけた!その為シロアリが出たのではと不安に思うことがあるのではないでしょうか?

今まさにこの記事をそう思い開いた方もいることでしょう。

 

果たしてそれがシロアリで、もしかして家に住み着いているのではと考えると不安で仕方ありませんよね。

その判別方法がわかれば、今見かけた羽アリがシロアリだったのかどうかわかれば、不安も解消されますよね!

その他にも幼虫を見かけてシロアリかも!?と知らないと思うかもしれません。

 

そこで今回は、

  • 羽アリがシロアリか見分け方のコツ
  • 大きさの違いや幼虫の画像

についてシロアリハンターがお送りします!

スポンサーリンク

羽アリがシロアリか見分け方のコツを伝授!大きさもチェック

今家の近くで羽アリを見かけたんだけど…。と不安に思うこともあるでしょう。

それが家屋に害のあるシロアリなのか、そうではなくてクロアリなのか?と気になることがあると思いますが、シンプルな見分け方として

  • シロアリ⇒羽の長さが同じ
  • 黒あり⇒羽が均等でない

といった特徴があります。

続けて画像をお見せしつつ細かい見分け方を紹介してまいりますので、その違いを理解していきましょう!

羽アリがシロアリかどうか画像や動画で確認しよう!

まずはこちらの画像をご覧ください。

黒蟻と違って前後の羽が大きく体にくびれがありません。そして触覚が数珠のようになっているのが特徴ですね。

続いて写真でその違いをチェックしましょう。

まずはシロアリの羽アリからです。

続いて黒蟻を見ていきましょう!

特徴的なのはやはり羽の部分ですね。シロアリは同じ大きさですし、黒蟻は蜂のような見た目をしていますね。

私的判別方法は…黒蟻の方がカッコいいです。笑

 

…。はい私は無視していただいて、続いて動画で確認しましょう。

こちらはイエシロアリの羽アリです。

羽が整っている特徴がよくお分かり頂けるかと思います。

続いてシロアリの大きさや特徴をチェックしていきましょう!

シロアリの大きさや特徴

シロアリは99%イエシロアリ、ヤマトシロアリ、続いてアメリカカンザイシロアリが日本では猛威を奮っています。

なのでこの3種の大きさや特徴をチェックしましょう。

ヤマトシロアリ

  • 羽の大きさ⇒7.0~7.4mm
  • 羽の色⇒淡黒褐色・半透明
  • 群飛⇒4~5月の昼間

イエシロアリ

  • 羽の大きさ⇒9.2~12.8mm
  • 羽の色⇒淡黄色・半透明
  • 群飛⇒5~7月の夕方~夜

アメリカカンザイシロアリ

  • 羽⇒9~10mm
  • 羽の色⇒褐色・前縁部は特に濃色
  • 群飛⇒3~11月の昼間

一番大きいのはイエシロアリです。続いてアメリカカンザイシロアリ、ヤマトシロアリです。

いずれも建物被害を出すシロアリなので見かけたら注意が必要です。

また、暖かくなる時に群飛が見られます。イエシロアリだけ夜間ですが、これを見たならば近くにシロアリがいるはず。要注意です!

そしてこの3種の生態についてはこちらに詳しくまとめてあります。合わせてお読みください。

関連記事

 

スポンサーリンク

シロアリの幼虫を画像でチェックしよう!

シロアリの幼虫は左下です。

シロアリには兵アリ、職アリ、女王アリ、王アリと様々いますが、幼虫の段階では一緒です。

女王が産み落とした卵からシロアリの生涯が始まり、職アリに世話をしてもらいます。

黒アリの幼虫時代はウジとして活動できませんが、シロアリは卵からかえった時から手足や触覚が備わっていて自ら行動することも可能です。もちろん生まれたばかりで一人前に仕事をこなせるわけではありませんし、大人の職蟻から栄養を分けてもらっている状態です。

画像を見て幼虫が透通った白色をしているのがわかると思いますが、これは栄養分しか体内に入っていないためです。

その後、

  • 黒蟻⇒ウジから蛹を経て成長する
  • シロアリ⇒蛹の期間はなくシロアリの幼虫は脱皮を繰り返して成長する

このように幼虫時代から違いがあります。

そして、形の同じシロアリの幼虫は何度か脱皮を繰り返し、成長していく過程で職蟻になったり、兵蟻になったりします。

でもシロアリ自身が自ら職人になりたいとか兵隊になりたいくてなるわけではなく、その集団の女王が兵蟻の数をフェロモンを使って調整している説が有力です。

このように黒蟻とシロアリの幼虫での違いはありますが、これで見分けるという点では使えないかもしれません。知識として覚えておいて、判別は羽アリに注目しましょう!

まとめ

今回は、

  • 羽アリがシロアリか見分け方のコツ
  • 大きさの違いや幼虫の画像

について紹介しました。

この見分け方を使い、羽アリを見かけた時に判別しましょう。

あっシロアリじゃないやと思えるようになると完璧ですね!逆にあっシロアリだ…。。。とわかってがっくりするかもしれませんが。汗

でもシロアリは早期発見が鍵です!是非参考にしていただいてシロアリ対策に繋げて頂けたらと思います!

 

それではまた!シロアリの知識、シロアリハンターでお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です